2017年1月18日水曜日

築地の締めは「銀座 長寿庵」。軽くつまんで雲海蕎麦湯割りで仕上げてからの鴨せいろ

まだ19時前ですが、仕上げです。
ほろ酔いの私は築地から銀座一丁目へぶらぶらと歩きます。


築地で飲んだら仕上げはここの鴨せいろ、というのが私の定番。


一年ぶりでしょうか。
暖簾を潜ります。


蕎麦屋飲みでは、築地勤務時代愛用したお店です。
新橋勤務、大阪勤務となってからは頻繁には来れなくなりましたが、今日は築地の魚竹でノスタルジックな気分になったので、そのまま流れてきました。
初めて暖簾を潜ったのは、魚竹同様30年前のこと。


予約の宴会グループが一階に一組、二回に二組。
相変わらず賑わっています。
私は雲海の蕎麦湯割りを頼みました。


突き出しが付いてきます。


少しつまむことにします。
好物の鯛ちくわ揚げ
二軒目なので、ちょっと多いかもしれません。


塩で。
団体の宴席の賑やかな話し声も、一人で思い出に耽る私には心地よいBGM。
やはり多かったのか、これだけでお腹が一杯になってきました。
強靭な胃袋が自慢だった私ですが、やはり衰えたようです。


とはいえ、この店に来た本来の目的を果たさずに帰る訳にはいきません。
名物の鴨せいろ


普通でも大盛のボリューム。


濃い目の出汁に鴨とネギという組み合わせ。


卓上のすりごまと七味に手を伸ばします。


たっぷりと振り入れました。


ここの蕎麦は風味ものど越しも良いのでお気に入り。
冷たいお蕎麦の方が、より美味しいのです。


いつ食べても美味しく、そして懐かしい。


大きな鴨肉もゴロゴロと入っています。


最後は蕎麦湯で。


後半はかなり苦しくなりました。
この程度でお腹いっぱいになるなんて、と思いながらお会計を済ませて表に出ます。
そこは銀座のはずれの静かな路地裏。
そして、私はすっかり年を取りました。

酔って火照った頬に当たる冷たい夜風が気持ち良いので、もう少し歩くことにします。




関連ランキング:そば(蕎麦) | 宝町駅新富町駅銀座一丁目駅

↓ クリックお願いします(^^)/
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村